クラウド文書を最新の状態に維持


目次

  • Lucidscale を使ってクラウドドキュメントを最新の状態に維持
  • 結論

クラウドアーキテクチャの文書化は非常に重要です。設計の出発点を理解し、アーキテクチャが正しく構築されたことを検証する上では、こうした文書が欠かせません。また、従業員トレーニングのスムーズな進行、トラブルシューティングや監査の円滑化にも役立ちます。チームにとってはいわば消火器のようなもので、常に手元に用意しておきたい必需品です。

また、文書の作成とメンテナンスには膨大な時間がかかり、複雑なものです。文書を常に最新の状態に保っておくことでさまざまなメリットが得られますが、更新のための時間を作るのはそう簡単ではありません。ここで必要となるのが、効率よく、正確に文書を定期更新できる Lucidscale のようなソリューションです。

この記事を読むのに必要な時間 : 2 分

クラウドのビジュアル化には、Lucidscale を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

無料で試してみる

Lucidscale を使ってクラウドドキュメントを最新の状態に維持

Lucidscale では、以下の5つのステップでクラウドアーキテクチャ文書をスピーディかつ手軽に作成・更新できます。

  1. Data Hub にクラウドアーキテクチャをインポート

Lucid のホームページで左側のパネルに移動して [データをインポート] を選択すると、クラウドプロバイダーのメタデータが取り込まれ、現在の状態を正確に把握した図が生成されます。Lucidscale は AWSAzureGCP と連携します。データのインポートについての詳細はこちらをご覧ください。

  1. Lucidscale でインポートされたデータから新しいモデルを作成

インポートしたデータからモデルを自動生成します。フィルターの適用、ビューのカスタマイズ、接続されたリソースの表示などが可能になります。

クラウド図ツール

  1. ビューを管理

既存のビューを使用するほか、独自のカスタムビューを作成してインフラストラクチャを以下のような方法でセグメント化し、クラウドアーキテクチャの特定の部分に焦点を当てることもできます。

 

  • 複数のビューとフィルターを使用して特定のリソースグループに焦点を当てる
  • 線の表示と非表示を切り替えて特定のリソースが適切に接続されていることを確認する
  • 条件付き書式ルールを追加して情報を整理・分類する

クラウドの文書化

  1.  現在の状態を把握

最新のクラウド環境を反映したモデルが完成しました!定期的にログインして Data Hub のモデルを更新し、最新の状態に保ちましょう。

 

  1.  文書を共有

Confluence や社内 Wiki を使用している場合は、Lucidscale の埋め込みコードを使ってクラウドモデルをエクスポートし、チームのページで公開することができます。Lucidscale でモデルを更新するたびに、埋め込まれたモデルも更新されます。作成したモデルは LucidsparkLucidchart でも活用できます。ツールを組み合わせて活用の幅を広げる方法をチェックしてみましょう

クラウドドキュメント

Lucidscale を使えば、素早く、簡単にクラウドをビジュアル化できます。今すぐ無料のトライアルを開始して、ビジュアルの活用を始めましょう。

無料で試してみる

Lucidscale ユーザー企業の多くが、常に最新の状態が反映された文書の恩恵をすでに受けています。 例えば、ある信用調査機関では、システム障害に備えて従業員の文書のビジュアル化と更新を行っています。ダウンタイムは高くつき、文書を見つけるのに時間がかかれば問題が長引きかねません。障害発生時にチームが最新の状態を反映した Lucidscale のビジュアルを使えるようにしておけば、問題の診断や解決までの時間が格段に短縮できます。また、モデルを使ってアーキテクチャを理解し、潜在的な障害点を特定して障害に対応できるよう、従業員にトレーニングを受けてもらうこともできます。 

もう一社の Lucidscale ユーザー企業は、現在のシステムの正確な文書なしで新しいアーキテクチャを構築する任務を負っていますが、Lucidscale を使うことで、クラウドアーキテクチャの現状を把握し、新しいシステムの設計へスピーディに移れるようになっています。文書を瞬時に生成し、頻繁に更新できるため、設計者が誰も使わない古いバージョンの定義に時間を取られることなく、イノベーションの実現に時間をかけられるようになります。

結論

クラウドストレージは高い柔軟性が利点ですが、文書の管理には時間がかかりがちです。現在のアーキテクチャを正確に表すモデルを生成し、定期的に更新されるようにすれば、時間をかけずに組織全体で最新情報を常に共有できるようになります。現状を手軽に図式化し、自在に更新できる Lucidscale なら、今すぐ必要なトラブルシューティングにも、将来を見据えた改善の計画にも同様に役立ちます。


利用を開始

  • 料金プラン
  • 個人向け
  • チーム
  • セールス担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー
  • linkedin
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • glassdoor

© 2022 Lucid Software Inc.