セキュリティとコンプライアンス

セキュリティリスクを最小限に抑え、コンプライアンス監査に備えるためには、クラウド環境を正確に文書化しておくことが重要です。クラウドプロバイダーのメタデータから図を自動作成すれば、脆弱性の発見もしやすくなります。ゼロから作図する必要はまったくありません。

セールス担当に問い合わせる
クラウドアーキテクチャー図ツール

クラウドを即時に文書化

クラウドプロバイダーのメタデータからクラウド環境の図を数秒で自動生成すれば、常に最新の状態の文書を用意しておくことができ、GDPR、SOC 2、PCI などのコンプライアンス監査にもスムーズに対応できます。

クラウド構成ツール

セキュリティリスクと脆弱性を視覚的に評価

絶えず変化するクラウド環境や従業員の異動など、クラウドアーキテクチャー内に分散したコンポーネントの追跡を困難にする要因にはさまざまなものがあります。インフラストラクチャを視覚化すれば、孤立した要素や未確認の要素をすぐに確認でき、不要なリスクの回避やコストの削減に役立ちます。

クラウド環境アプリ

最も重要な情報に集中

さまざまなコンポーネントが含まれるクラウドインフラストラクチャ図では、特定のリソースを見つけるのが困難になりがちです。フィルター、保存されたビューやデータパネルなどの機能を使えば、インスタンス名、セキュリティグループや IP アドレスなど、セキュリティやコンプライアンスの観点から最も重要となる情報に焦点を当てることができます。

Lucidscale をさらに活用

サービスが停止していることを示す警告アイコンを示す図
ダウンタイムとインシデント対応

組織にとって非常に高くつくダウンタイムの発生時にも、最新の文書があれば、チームが連携して問題を迅速に解決できるように。

さらに詳しく
多くのユーザーが協力して複雑なシステムにコメントしている図
社内での文書化と可視化

リソースを効率的に活用するには関係者全員に自社のクラウド環境の最新情報を共有することが不可欠。まずはリアルタイムの文書化から始めましょう。

さらに詳しく
複雑なクラウドアーキテクチャ計画を示す図
コンサルティング

時間と手間がかかるクライアントのクラウド環境への対応も、図を自動生成して活用すればすればスムーズに。

さらに詳しく
条件付き書式パネルを表示するインターフェイス
将来の開発を計画

現在のアーキテクチャを理解し、予算に合わせてパフォーマンスが高い今後の開発を計画。

さらに詳しく

クラウドをビジュアル化して理解

セールス担当に問い合わせる

利用を開始

  • 料金プラン
  • 個人向け
  • チーム
  • セールス担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.