ダウンタイムとインシデント対応

ダウンタイムが発生しても、最新の文書が手元にあれば、チームが一体となって、インフラストラクチャ復旧までの時間を大幅に短縮できます。

セールス担当に問い合わせる
チームクラウド図ツール

チームの共通認識情勢も手軽

ユーザーのダウンタイムを最小限に抑えながらインシデントを解決するには、チームで認識を共有しながら対応に当たる必要があります。最新のクラウド図が手元にあれば、ボタンをクリックするだけでメンバー全員でその図を共有して即座に状況を共有し、方向性を決められます。

クラウドの問題のトラブルシューティングを迅速に

問題のトラブルシューティングを迅速に

いつでも共有や参照ができる正確な図を用意しておけば、問題の特定や解決も素早く円滑に進みます。さまざまなリソースに関連付けられたデータと合わせてアーキテクチャをビジュアルで把握することで、必要な情報をすぐに見つけることができます。

アーキテクチャ設計を現状図と比較

アーキテクチャ設計を現状図と比較

構想段階やすでに文書化されたアーキテクチャ設計計画を現状のシステム構成図と比較すれば、ダウンタイムや障害の原因もつかみやすく。Lucidscale で正確な現在の状態図を生成することで、憶測を排除して調査の精度を高めることができます。

クラウドシステム図ツール

将来の開発に役立つ情報を獲得

最新の図から新たなアーキテクチャ設計を開始すれば、新しい開発と既存のインフラストラクチャとの互換性を確保でき、後でパフォーマンスの問題が発生するのを防げるように。加えて、現在のインフラストラクチャで見つかった問題を今後の状態の変更や反復に反映させることもできます。

Lucidscale をさらに活用

クラウドのセキュリティとコンプライアンス

セキュリティとコンプライアンス

クラウドプロバイダーのメタデータから自動生成した図でセキュリティやコンプライアンス監査にも対応できる正確なクラウド環境の記録を維持。

さらに詳しく
クラウド内部の文書化と可視化

社内での文書化と可視化

リソースを効率的に活用するには関係者全員に自社のクラウド環境の最新情報を共有することが不可欠。まずはリアルタイムの文書化から始めましょう。

さらに詳しく
クラウドコンサルティング

コンサルティング

時間と手間がかかるクライアントのクラウド環境への対応も、図を自動生成して活用すればすればスムーズに。

さらに詳しく
クラウドの計画と将来の開発

将来の開発を計画

現在のアーキテクチャを理解し、予算に合わせてパフォーマンスが高い今後の開発を計画。

さらに詳しく

クラウドをビジュアル化して理解

セールス担当に問い合わせる

利用を開始

  • 料金プラン
  • 個人向け
  • チーム
  • セールス担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.