社内での文書化と可視化

部内に知識が留まり、サイロ化が進むと、人事異動に伴い情報のギャップが生じる危険があります。リソースを効率的に活用するには関係者全員に自社のクラウド環境の最新情報を共有することが不可欠。まずはリアルタイムの文書化から始めましょう。

セールス担当に問い合わせる
システムアーキテクチャー図ソフト

クラウド環境の現状を確認

利用しているクラウドプロバイダーからデータを取得して更新する機能で、インフラストラクチャの現状をいつでも把握でき、クラウドインフラストラクチャの改訂履歴から変更点を把握することもできます。

クラウドの詳細を絞り込み

適切なレベルの詳細を共有

さまざまな関係者と情報を適切に共有すれば、経営陣からの支持を獲得したり、開発チームと明確にコミュニケーションを取ったり、インシデント対応をスピードアップできるようになります。異なるレベルの編集権限を付与し、対象者に合わせてカスタムビューを作成することもできます。

クラウドアーキテクチャーツール

情報を一元化

インフラストラクチャ関連の文書を一元化して保管しておけば、トレーニングやオンボーディングの進行もスムーズに。使いやすいインテグレーションで Confluence などの wiki にアーキテクチャー図を追加しておけば、チームのプロセスや機能の合理化もしやすくなります。

不要なクラウドリソースを特定

不要なリソースを特定

クラウドインフラストラクチャの現状図を定期的に、また、チームメンバーの入れ替わりがあるタイミングでは重点的に確認することで、不要になっているにも関わらず費用がかかっている孤立したリソースを特定することができます。

Lucidscale をさらに活用

クラウドのセキュリティとコンプライアンス
セキュリティとコンプライアンス

クラウドプロバイダーのメタデータから自動生成した図でセキュリティやコンプライアンス監査にも対応できる正確なクラウド環境の記録を維持。

さらに詳しく
ダウンタイムとインシデント対応
ダウンタイムとインシデント対応

組織にとって非常に高くつくダウンタイムの発生時にも、最新の文書があれば、チームが連携して問題を迅速に解決できるように。

さらに詳しく
クラウドコンサルティング
コンサルティング

時間と手間がかかるクライアントのクラウド環境への対応も、図を自動生成して活用すればすればスムーズに。

さらに詳しく
将来の開発を計画
将来の開発を計画

現在のアーキテクチャを理解し、予算に合わせてパフォーマンスが高い今後の開発を計画。

さらに詳しく

クラウドをビジュアル化して理解

セールス担当に問い合わせる

利用を開始

  • 料金プラン
  • 個人向け
  • チーム
  • セールス担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.