将来の開発を計画

クラウドインフラストラクチャの将来の姿を設計する前には、現在のアーキテクチャを理解し、必要となる変更を把握することが欠かせません。コストとパフォーマンスを念頭に計画を進めることで、予算に合ったスケーラブルで効果的なシステムアーキテクチャを実現することができます。

セールス担当に問い合わせる
クラウドアーキテクチャーソフト

新たな開発内容と既存のアーキテクチャとの互換性を確保

Lucidscale で作成した最新の図から新たなアーキテクチャ設計を開始すれば、新しい開発と既存のインフラストラクチャとの互換性を確保でき、後でパフォーマンスの問題が発生するのを防げるように。加えて、現在のインフラストラクチャで見つかった問題を今後の状態の変更や反復に反映させることもできます。

クラウド機能を強化

Lucidchart で活用の幅がもっと広く

Lucidscale を Lucidchart と組み合わせれば、クラウドアーキテクチャのメンテナンスと計画にさらに豊富な機能を活用できるように。現在のアーキテクチャに対する理解を深めるには Lucidscale、改善後の将来のシステムアーキテクチャを設計するには Lucidchart がそれぞれ役立ちます。

チームクラウド図ツール

チームで計画を共有

チームメンバーやその他の関係者に Lucidscale で作成した現在のクラウドアーキテクチャ図を共有し、共通認識を作った後で新しい開発計画の内容を示した Lucidchart の図を提示すれば、フィードバックもスムーズに得られます。

成功に向けて開発者を支援

成功に向けて開発者を支援

Lucidchart で AWS、Azure、GCP の公式図形を使った将来の状態を示す見やすい図を作成して開発チームに共有するほか、Lucidscale モデルを共有し、保存されたビューを作成してアーキテクチャの要素を接続する線などの図の中の特定箇所を参照しやすくすれば、新しく加わったメンバーも現在のアーキテクチャをすぐに把握できるようになります。

Lucidscale をさらに活用

クラウドのセキュリティとコンプライアンス

セキュリティとコンプライアンス

クラウドプロバイダーのメタデータから自動生成した図でセキュリティやコンプライアンス監査にも対応できる正確なクラウド環境の記録を維持。

さらに詳しく
ダウンタイムとインシデント対応

ダウンタイムとインシデント対応

組織にとって非常に高くつくダウンタイムの発生時にも、最新の文書があれば、チームが連携して問題を迅速に解決できるように。

さらに詳しく
社内での文書化と可視化

社内での文書化と可視化

リソースを効率的に活用するには関係者全員に自社のクラウド環境の最新情報を共有することが不可欠。まずはリアルタイムの文書化から始めましょう。

さらに詳しく
クラウドコンサルティング

コンサルティング

時間と手間がかかるクライアントのクラウド環境への対応も、図を自動生成して活用すればすればスムーズに。

さらに詳しく

クラウドをビジュアル化して理解

セールス担当に問い合わせる

利用を開始

  • 料金プラン
  • 個人向け
  • チーム
  • セールス担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー

© 2022 Lucid Software Inc.