PINGDOM_CANARY_STRING

クラウドの見える化を実現

Lucidscale は、組織が自社のクラウド環境をビジュアルの形で理解するのに役立つクラウド視覚化ソリューションです。

無料トライアルを開始

クラウド環境を視覚化

重要なクラウドガバナンスデータをコンテキストに沿って確認すれば、孤立した要素や未確認の要素をすぐに確認でき、リスクの回避と不要なコストの削減に役立ちます。モデルをフィルタリングして、インスタンス、データベースやゲートウェイなど、環境内の特定の要素を精査するのもスムーズです。

さらに詳しく

クラウドの移行と実装を検証

クラウド図を生成・更新して設計内容と実際に構築した内容が一致するかを確認。

クラウド文書を自動作成して参照

クラウドを自動で文書化して、社内外の関係者に現在のアーキテクチャの状況を共有。

世界中の企業に信頼されるパートナー、

フォーチュン500採用企業の99%が信頼するパートナー

Lucidscale は AWS、Azure、GCP と連携します。

AWS ロゴ
AWS

AWS アーキテクチャを自動で可視化

さらに詳しく
Azure ロゴ
Azure

Azure アーキテクチャを自動で可視化

さらに詳しく
GCP ロゴ
GCP

GCP アーキテクチャを自動で可視化

さらに詳しく
クラウド環境を視覚化

クラウド環境を視覚化

インフラストラクチャを視覚化し、重要なクラウドガバナンスデータをコンテキストに沿って確認すれば、孤立した要素や未確認の要素をすぐに確認でき、リスクの回避とコストの削減に役立ちます。フィルターを使用して、セキュリティグループ、VPC、仮想マシンやゾーンなどの特定の要素に焦点を当てることもできます。

クラウドの移行と実装を検証

クラウドの移行と実装を検証

クラウド図を生成・更新して設計内容と実際に構築した内容が一致するかを確認すれば、ダウンタイムを回避し、セキュリティやインフラストラクチャの抜けを防ぐことができます。インスタンスのサイズ、リージョンなどのデータなど、重要な内容を検証し、セキュリティ面での懸念事項を特定することもできます。

クラウド文書を自動作成して参照

クラウド文書を自動作成して参照

クラウドを自動で文書化し、Confluence や wiki ページなどに一元化すれば、現在のアーキテクチャについての情報共有も分かりやすく。クラウド環境の変更を手動で図に反映させる必要もなく、エンジニアから外部のステークホルダーまで全員が共通認識を持てるようになります。

Amido 企業ロゴ

Dusan Nitschneider 氏

シニアコンサルタント、Amido

Lucidscale の導入前は、メモリやコードを使ったアーティファクトの作り直しに時間がかかっていましたが、今ではアーキテクチャをインポートして数週間単位の作業を数時間で完了できるようになりました。

導入事例を読む

欲しかったビジュアルクラウドソリューションがここに

Lucidscale でより高度なクラウドインフラストラクチャの把握と最適化を実現

企業でも使えるソフトウェア
企業でも使える

適切なチームメンバーにクラウド文書へのアクセスを付与し、機密データを安全に保護しながらビジネスニーズに合わせて拡張。

さらに詳しく
インテグレーション
インテグレーション

AWS、Azure、GCP にシームレスに接続し、Confluence に図を埋め込み。

さらに詳しく
Lucid 製品スイートの一部
Lucid 製品スイートの一部

Lucidspark でアーキテクチャのブレインストーミングが完了したら、Lucidscale で現在の状態図を自動生成し、Lucidchart でその他のアーキテクチャやデータベースを簡単に図式化。

さらに詳しく

クラウドをビジュアル化して理解

セールス担当に問い合わせる
日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.