新しいクラウドアーキテクチャを設計する方法


クラウドインフラへの移行や複数クラウド間での移行は面倒なタスクですが、環境を改善し、最適化するためのよい機会ともなります。多くの企業がクラウドインフラに加えてオンプレミスのリソースをバランスよく利用していますが、こうしたアプローチは文書化とそのメンテナンスの面では課題が多くなります。

オンプレミスからクラウドへの移行、クラウドの統合やアーキテクチャの改善の設計などを行う際には、計画が現在の環境にどのような影響を与えるかを確認する必要があります。安全でコンプライアンスを遵守したクラウドシステムや更新の設計を成功させる上では、Lucidscale が役立ちます。

この記事を読むのに必要な時間 : 2 分

クラウドのビジュアル化には、Lucidscale を試してみましょう。素早く、簡単に使えて、完全に無料です。

無料で試してみる

Lucidscale でクラウドアーキテクチャを設計する方法

  1. Data Hub にアーキテクチャをインポート

Lucidscale で左側のパネルに移動して [データをインポート] を選択すると、クラウドプロバイダーのメタデータが取り込まれ、現在の状態を正確に把握したモデルが生成されます。Lucidscale は AWSAzureGCP に対応しています。詳しい内容はヘルプセンターのデータのインポートに関する記事を参照してください。

  1. Lucidscale で新しいモデルを作成

Lucid の文書メニューで[+ 新規作成] を選択してインポートしたデータからモデルを自動生成し、マウスポインターを Lucidscale に合わせて AWS、Azure、GCP のいずれかを選択します。データソースを選択し、画面の指示に従ってモデルを作成します。 

フィルターの適用、ビューのカスタマイズ、接続されたリソースの表示などが可能になります。

Lucidscale クラウドアーキテクチャーモデル

  1. フィルターとビューを使用してビューをカスタマイズ

フィルターで特定のリソースやクラウドアカウントのセクションに注目しつつ、アーキテクチャを精査します。特定のリソースタイプを選択したり、線の表示のオン/オフを切り替えたり、その他のツールでリソースの接続を把握することができます。

クラウドアーキテクチャー図ツール

  1. Lucidchart へモデルをエクスポート

設計に関連する内容が表示されたモデルができたら、Lucidchart にエクスポートして現状と照らし合わせつつ新しいクラウドアーキテクチャを設計します。

Lucidchart へモデルをエクスポート

Lucidchart を使えば、ステークホルダー、他部門の対象分野の専門家やコンサルタントなどの第三者を設計プロセスに巻き込むことができます。コメント、他のユーザーにタグ付け、機能の優先順位付け、スプリント計画の作成などもスムーズです。Lucidscale のモデルを Lucidchart で開けば、将来の状態を図式化して実装の検証に使えます。 

Lucidchart で構築する内容の計画を固めたら、Lucidscale モデルを更新します。モデルを再生成すると、以前のモデルや Lucidchart での設計と比較してビルドの内容が計画通りかどうかを確認することができます。

Lucidscale を使えば、素早く、簡単にクラウドをビジュアル化できます。今すぐ無料のトライアルを開始して、ビジュアルの活用を始めましょう。

無料で試してみる

ユーザーが Lucidscale で新しいクラウドアーキテクチャを設計する方法

ある大手衛星ラジオ企業の社内では、自社のインフラについて混乱が起きていました。クラウドを可視化できないことから展開の予定に大幅な遅れが生じ、顧客の要望に迅速に答えることができなくなっていました。

同社では、よりスピーディな展開のためにクラウドインフラの拡張を決定しましたが、反面、堅牢で信頼性の高いクラウドでなければならないというニーズもありました。Lucidscale の活用で、自社環境の全体像を表すモデルを手早く作成し、現状を可視化して把握することで、次のようなさまざまなメリットを実現し、劇的な改善に成功しました。

  • すべてのチームが自社環境を明確に理解し、現状を表す図を参照して全員が信頼できる唯一の情報源をベースに作業できる。
  • アーキテクトは予定の設計を検証し、すべてが適切に構築されていることを確認できる。
  • チームが設計を最適化できる場所ができ、過去のデプロイから無駄を省くことができる。
  • 文書化でより迅速な構成監査が可能になり、最終的な展開プロセスのスピードアップが可能に。

結論

目に見えないものは改善できません。したがって、設計チームにとって、複雑なシステムを明確に図式化できることは大きなメリットとなります。クラウドアーキテクチャの現状を全員が把握できていれば、ユーザーエクスペリエンスの最適化、エラーの解消や問題の管理もスムーズになります。

アジャイルでレスポンシブな対応を目指すチームには、クラウドを明確に可視化することが不可欠ですが、貴重なリソースを絶えずドキュメントの更新に費やすわけにもいきません。Lucidscale を使えば、クラウドを迅速にモデル化し、適切なスタート地点から確信を持ってクラウドの将来像を設計できるようになります。


利用を開始

  • 料金プラン
  • 個人向け
  • チーム
  • セールス担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー
  • linkedin
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • glassdoor

© 2024 Lucid Software Inc.