PINGDOM_CANARY_STRING

コンサルティング

時間と手間がかかるクライアントのクラウド環境への対応も、自動生成した図を活用すれば、クライアントの既存のアーキテクチャを手にとるように把握し、将来の方向性について情報に基づいた推奨をスムーズに行うことができます。

セールス担当に問い合わせる
Hero
クラウド図を自動生成

既存のクラウド環境を視覚化して把握

クライアントのインフラストラクチャを正確に描き出す図を自動生成すれば、古いドキュメントの情報に惑わされることもなくなります。データを整理し、分散した作業を一か所に集約し、すべてをコンテキストに沿って俯瞰することで、現在の状況をスピーディに把握できます。

クライアントのクラウドデータを理解

クライアントのデータを理解して活用

AWS、GCP、Azure から生成した図にクライアントのメタデータを重ねれば、クライアントのアーキテクチャを推測する作業も不要に。精度の高い図で重要な洞察を見出し、質の高い推奨をスピーディに提供することができます。

クライアントのクラウドデータをカスタムで視覚化

クライアントに合わせて図のビューをカスタマイズ

アカウント概要、リージョン、VPC、特定のリソースグループやサブネット、GKE クラスタなどのカスタムビューを使って顧客のクラウドをニーズに合わせて可視化し、フィルターでインフラストラクチャの一部に表示内容を絞り込めば、複雑な図を提示するよりも分かりやすいプレゼンができます。

新しいクラウド設計ソリューション

新たに最適化されたソリューションを設計

プロセスの最初に現状を示す図を手早く作成すれば、コンテキストに沿って全体を見渡せ、すばやく問題や機会を特定し、埋めるべきギャップを認識することができます。その後は Lucidchart で計画を図式化し、クライアントにプレゼンできます。

クラウドのクライアントとコミュニケーション、協業

クライアントとシームレスにコミュニケーション

すべての作業内容をプラットフォームに一元化することで、クライアントとも共有できる価値ある記録が完成します。直感的な Lucidscale のコラボレーション機能を使えば、フィルターを使ってアーキテクチャの一部に絞り込んでクライアントと情報を共有したり、フィードバックを収集するのもスムーズです。

Lucidscale をさらに活用

クラウドのセキュリティとコンプライアンスのためのソリューション
セキュリティとコンプライアンス

クラウドプロバイダーのメタデータから自動生成した図でセキュリティやコンプライアンス監査にも対応できる正確なクラウド環境の記録を維持。

さらに詳しく
ダウンタイムとインシデント対応
ダウンタイムとインシデント対応

組織にとって非常に高くつくダウンタイムの発生時にも、最新の文書があれば、チームが連携して問題を迅速に解決できるように。

さらに詳しく
社内での文書化と可視化
社内での文書化と可視化

リソースを効率的に活用するには関係者全員に自社のクラウド環境の最新情報を共有することが不可欠。まずはリアルタイムの文書化から始めましょう。

さらに詳しく
将来の開発を計画
将来の開発を計画

現在のアーキテクチャを理解し、予算に合わせてパフォーマンスが高い今後の開発を計画。

さらに詳しく

クラウドをビジュアル化して理解

セールス担当に問い合わせる
日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.