Cloudcraft と Lucidscale を比較

AWS、GCP、Azure クラウドアーキテクチャ図の自動生成など、Lucidscale には Cloudcraft にない強力な機能が揃っています。

無料ではじめる

視覚化、最適化と計画にクラウド図を活用

  1. AWS、GCP、Azure の各クラウドプラットフォームに対応

    Cloudcraft と Lucidscale のどちらでも AWS のクラウド図は作成できますが、Lucidscale では Azure と GCP のクラウド環境にも対応しています。クラウドプロバイダーのデータを Lucidscale に手軽にインポートしてクラウドアーキテクチャ図を自動生成でき、手作業にかかる時間を短縮できます。

  2. さまざまなフィルタリングオプションでクラウド図をさまざまな角度から活用

    Cloudcraft にもフィルタリングや検索オプションはありますが、ビジュアル全体の調整ではなく図形の強調のみを目的としたものです。Lucidscale では、図を自動生成した後に複数のカスタムビューを作成して保存し、接続された要素やリソース間に線を描画して AWS タグやアベイラビリティーゾーンなどのカスタムフィルターで重要な情報に絞り込んで表示することができます。

Lucidscale でクラウド図を自動作成

クラウドアーキテクチャ全体を可視化する準備はできましたか?今すぐ Lucidscale へアーキテクチャをインポートしてみましょう。

無料トライアルを開始

視覚化、最適化と計画にクラウド図を活用

AWS、GCP、Azure 専用のツールやアイコンでプロフェッショナルな図を作成

標準のものに加え、各クラウドプロバイダー固有の記号やアイコンも完備の Lucidscale なら、業界標準に沿った、質の高いプロフェッショナルなアーキテクチャ図を作成できます。Lucidscale で図を自動生成して時間を節約するほか、テンプレートを使ってクラウド環境のニーズを視覚化したり、移行戦略を計画したり、現在や将来の状態を図式化する作業もスムーズです。

チームの全員とリアルタイムで共同作業

Lucidscale なら、図形へのコメント追加や @mention 通知でクラウド図内でのリアルタイムのコラボレーションも手軽。チームメンバーが必要なタイミングで適切な箇所に対応できます。多彩な共有機能で、使用デバイスや OS に関わらずアクセス可能な信頼できる唯一の情報源として図を活用することができます。

カスタムのビューとフィルターでニーズに合ったクラウド図を実現

Lucidscale では、図のカスタムビューを複数作成して保存することができます。フィルターを適用して不要な情報を非表示にすれば、図内の重要な内容に簡単に集中できるようになります。

信頼できるエンタープライズ級のセキュリティ

GDPR や CCPA 準拠、SOC 2 認定など、エンタープライズセキュリティの最高基準を満たす Lucidscale なら、安心して業務に活用できます。シングルサインオン、SCIM プロビジョニング、文書の保持、データ削除、使いやすい管理者コントロールなどの機能を使えば、アカウントのセキュリティがさらに高まり、機密情報を安全に保護できます。

Lucidscale に関するよくある質問

Informatica では、アーキテクトが設計を行い、開発者がコードを開発しています。この2つのチーム間での情報共有は難しいものですが、Lucidscale の活用でそれを円滑化するためのリソースが手に入りました。

Toby Foss 氏、クラウドネットワーク運用担当ディレクター、Informatica

顧客のケーススタディを見る

Lucidscale を比較

CloudcraftCloudockitCloudvizHavaHyperglance

クラウドをビジュアル化して理解

セールス担当に問い合わせる

利用を開始

  • 料金プラン
  • 個人向け
  • チーム
  • セールス担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー

© 2024 Lucid Software Inc.