Cloudviz と Lucidscale を比較

Lucidscale なら、自動生成、カスタマイズやコラボレーション機能など、Cloudviz にはない多彩な時短機能を活用できます。

無料ではじめる

視覚化、最適化と計画にクラウド図を活用

  1. AWS、GCP、Azure の各クラウド環境に対応

    Cloudviz は AWS からのクラウド図の作成に対応していますが、Lucidscale では AWS、Azure、GCP の各クラウドプロバイダーのデータからのクラウド図生成が可能です。

  2. 創造と共有に最適なコラボレーションツール

    リアルタイムで更新され、コラボレーションに最適な Lucidscale のワークスペースがあれば、メンバーがどこにいても調整やクラウドの最適化が簡単に実現できます。リソースにコメントを添付したり、@mentions 機能を使って図の中で注意すべき箇所を的確に示し、問題を解決し、効率的に計画を進めることができます。

  3. 仕様に合わせて図を自動生成

    Lucidscale では、関連する要素が線で視覚的に接続されたクラウド図を自動生成でき、線の表示のオンとオフ、線の接続の種類別の切り替え、線の書式の変更などもいつでも簡単にできます。

Lucidscale でクラウド図を自動作成

クラウドアーキテクチャを可視化する準備はできましたか?今すぐ Lucidscale へアーキテクチャをインポートしてみましょう。

無料トライアルを開始

他のツールに勝る Lucidscale の機能

いつでも、誰とでも共同作業が可能

いつでも、誰とでも共同作業が可能

コミュニケーションとコラボレーションの推進を主眼に設計された Lucidscale には、リアルタイム更新、リソースへのコメント追加、@mention 通知、権限管理など、チームワークに嬉しい機能が揃っています。使用デバイスや OS、タイムゾーンの違いに関わらず、どこからでもアクセス可能な信頼できる唯一の情報源として文書を活用できます。

カスタムのビューとフィルターでニーズに合ったクラウド図を実現

カスタムのビューとフィルターでニーズに合ったクラウド図を実現

Lucidscale では、図のカスタムビューを複数作成して保存することができます。フィルターを適用して不要な情報を非表示にすれば、図内の重要な内容に簡単に集中できるようになります。

クラウドアーキテクチャ図の管理と変更の追跡がしやすく

クラウドアーキテクチャ図の管理と変更の追跡がしやすく

クラウド図に加えた変更はすべて完全な改訂履歴で追跡でき、Lucidscale の図や Confluence の wiki など共有先のビジュアルにももれなく瞬時に反映されます。インフラストラクチャエンジニア、アーキテクトやセキュリティ担当者がいつでも自由に最新の正確なクラウドインフラストラクチャ図を参照できるようになります。

専門的なクラウド図の作成に必要な図形を完備

専門的なクラウド図の作成に必要な図形を完備

Lucidscale は、AWS、GCP、Azure の各クラウド環境に対応したプロバイダー専用のアイコンが揃っています。クラウドインフラストラクチャ図が自動生成されたら、データに基づいたビジュアルを編集可能なバージョンに変換し、業界標準のアイコンを使って将来の状態の計画に活用することができます。

Lucidscale に関するよくある質問

Informatica では、アーキテクトが設計を行い、開発者がコードを開発しています。この2つのチーム間での情報共有は難しいものですが、Lucidscale の活用でそれを円滑化するためのリソースが手に入りました。

Toby Foss 氏、クラウドネットワーク運用担当ディレクター、Informatica

Lucidscale を比較

Visualize and understand your cloud

Contact sales

利用を開始

  • 料金プラン
  • 個人向け
  • チーム
  • セールス担当に問い合わせる
プライバシー法的事項クッキー
  • linkedin
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • glassdoor

© 2022 Lucid Software Inc.