PINGDOM_CANARY_STRING

Azure クラウド環境を視覚化

Lucidscale を活用すれば、Azure クラウドアーキテクチャの複数のコンポーネントの視覚化も簡単に。正確でダイナミックな図でサブスクリプション、バーチャルネットワーク、Azure VM インスタンス、タグなどを詳細に把握し、組織のクラウド管理の質を高めることができます。

無料トライアルを開始
Azure ヒーロー画像

Lucidscale の活用方法をチェック

  • Azure クラウドインフラストラクチャ全体を自動で可視化。
  • クラウドデータに基づいてビューをカスタマイズ。
  • ビジュアルでコンテキストに沿ってデータを確認。
  • 主要なステークホルダーと情報を共有。
  • データを簡単に更新して図を最新の状態にキープ。
無料トライアルを開始
Informatica ロゴ

Toby Foss 氏

ネットワークオペレーション担当ディレクター

Informatica では、アーキテクトが設計を行い、開発者がコードを開発しています。この2つのチーム間での情報共有は難しいものですが、Lucidscale の活用でそれを円滑化するためのリソースが手に入りました。

導入事例を読む
正確な文書化を実現

文書を正確な状態に維持

Azure AD アプリケーションの認証情報を使ってクラウドアーキテクチャ図のソースとなるデータをインポートして更新すれば、データに加えた変更が図や参照先の Confluence ページなどに自動で反映されます。

ビューをカスタマイズ

図のビューをカスタマイズ

Azure タグやバーチャルネットワークなどの基準でフィルターすれば、不要な情報を表示せずに重要な内容に集中しやすくなります。サブスクリプション、リソースグループやバーチャルネットワークのピア接続など、Azure 環境の俯瞰的な概要をカスタマイズしてビューで保存することもできます。

データを活用

重要なデータを視覚化して活用

Azure コンソールへ移動せずに Azure 図のコンテキストでデータを手軽に見つけて参照。条件付き書式設定ルールを使えば、暗号化されていないデータベースなど、ベストプラクティスに反するリソースへのフラグもスムーズです。

将来のアーキテクチャ

将来のクラウドアーキテクチャを計画

クラウドインフラストラクチャの現状を表す図を自動生成すれば、適切な出発点から新たなアーキテクチャ設計を提案できるように。後で問題が発生するのを防ぐため、新しい開発の内容に既存のインフラストラクチャとの互換性があるかを確認することもできます。

コミュニケーションが明確に

関係者と明確にコミュニケーション

共有やコメント機能を使えば、技術部門やその他の部門のステークホルダーを始めとする共同編集者全員の支持をスピーディに集め、調整を行い、フィードバックを収集して、連絡ミスを防ぎ、迅速なインシデント解決につなげられます。

クラウドをビジュアル化して理解

日本語
EnglishFrançaisDeutsch日本語PortuguêsEspañolNederlandsPусскийItaliano
プライバシー法的事項
© 2021 Lucid Software Inc.